×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

メイン・インデックス歌謡曲の砦>明菜 in 「ザ・ベストテン」 その5


明菜 in 「ザ・ベストテン」 その5

「BLONDE」〜「LIAR」





 BLONDE  (7週 / 最高1位 (3週) / 76,593点)


87.06.25

第1位

レ:1 有:10
ラ:2 ハ:10

9063点


1位プレゼントは100%高級メロン果汁でつくった特大シャーベット。
いいでしょ、って顔をカメラに向けて一口、一拍置いて目を大きくして口元に手を当てて「すっごくおいしいです」。リアクションが明菜だなあ、当たり前だけれど。
オフコメ「出せば必ず1位の実力ナンバーワンアーティストに成長しました」。確かにこの時期の明菜は敵なしでしたなぁ……。
セットは電飾つき植物風白いオブジェ。衣装はかの有名なエルメスの限定スカーフで作ったというスーツ。


87.07.02

第1位

レ:2 有:5
ラ:1 ハ:8

9198点


1位2週目。
これは「明菜 よもやま話『七夕』」で扱った回。 明菜は短冊に「早くお嫁さんに行けますように」と願い事を書いてしまう。
「指輪買ってこなきゃ」事件(86.07.24)とか「好きなタイプ教えてください」事件(85.06.13)などと、マッチと明菜はこれまでこの番組で色々と悪ふざけをしていたわけで、今回もそのつもりだったのかもしれないなぁ、と通しで見ると思ったりもする。
まぁ、それが悪ふざけで通用しないほど二人と周囲は煮詰っていたのかもしれませんね。
ちなみにクスだまは「スター」ということで今回は星型のクスだま。
衣装は赤いスーツ。セットは両側に鏡を置き、真ん中に電飾。星屑のなかのように画面上がキラキラ。


87.07.09

第1位

レ:5 有:2
ラ:1 ハ:5

8899点


1位3週目。
もうすぐ誕生日ということでケーキのろうそく消し。
「ろうそくの火を消す時にお願い事をするものだけれど、それは先週の短冊と同じこと?」との黒柳の質問に「アレは週刊誌とかにたくさん書かれたからもういいです」と明菜。
1位プレゼントは84年以降明菜が出演した回の「ザ・ベストテン」での「ハイ・ポーズ」の写真99枚をアルバムにして。
それを「凄く欲しかったです」と明菜。「22歳の抱負は?」の質問に「周りから「素敵な人だね」といわれるように頑張りたい」と返す。
衣装は白と黒のストライプにインナーの赤が絶妙の挿し色になっているスーツ。セットは階段セット。階段の奥が扉になっていて、歌最後に扉が開くと合成で画面が炎でメラメラ、となる。
今回の明菜、歌唱途中でハイヒールが脱げてしまう。それを必死に履こうとするが、失敗。ちょっとむっとした顔をして歌いつづける。


87.07.16

第2位

レ:7 有:2
ラ:1 ハ:6

8499点


今回は振り付けの話。「いつも『フリ』という感じでしっかりはつけていない。曲の合間にちょっと踊っているぐらい。なので、気分で毎回変わってしまう。 リハーサルと本番とで踊りが違うから、カメラ割りからずれてしまって迷惑かけたりということが多い」とのこと。
やっぱりアドリブなんだぁ。なんとなくわかっていたけれど。しかしアレを「ちょっと踊っているだけ」とは、謙遜しすぎ。
今回は髪を珍しくストレートにしている。衣装はエルメススーツだが、白と金が基調のツーパターンめ。
セットは窓枠みたいなところで踊るシルエットだけの女性ダンサーズをバックに。これが「BLONDE」なら一番かなぁ。


 難破船  (15週 / 最高1位 (5週) / 128,279点)


87.11.12

第1位

レ:4 有:1
ラ:1 ハ:3

8852点


1位4週目。ブルーの毛糸のドレス。思わずアルフィー(「My truth」第3位)の面々が「かわいい」。
失恋した女性からのリクエスト葉書を紹介。
「失恋を重ねて、もっと素敵な女性になって、もっと素敵な恋に出会ってください」と明菜はエールを送る。


87.12.17

第4位

レ:10 有:3
ラ:5 ハ:5

7267点


C-C-B(「抱きしめたい」第5位)と共に登場。年末ということで中森家は宴会好き、という話題。
「180センチくらいあるもみの木をおかぁちゃんは買ってきて、それに家族みんなで飾り付けしたことを覚えている」と明菜。
衣装は黒のドレスに紫の薄いストールを重ねて。セットは薄絹のドレープの美しいシンプルなセット。


87.12.24

週間第5位
年間第7位

レ:− 有:3
ラ:4 ハ:7

6833点


週間ランキングは南野陽子(「はいからさんが通る」第4位)と共に登場。ここで出演歌手で「クリスマスソング歌手当てクイズ」を行なう。
第1問の美空ひばりは明菜が正解する。「昔からレコード聞いていたからわかった」とのこと。
明菜の衣装は赤のドレスに黒を合わせている。また背中の部分は黒薔薇のコサージュになっている。また髪はこの曲には珍しくおろしている。
セットはベストテンの年末名物、カレンダー撮影のため、桜の木に桜吹雪。

週間ランクイン作品が年間ランキングにからむのは実に珍しいこと。2回目の歌唱は、真っ白なシフォンをふんだんに使った衣装で。
「ウェディングドレスみたい」との黒柳に「そんなつもりでは」とすげない明菜。ゲストは山崎浩子。山崎浩子は「(明菜の)歌は芸術になっている」と褒め、明菜の歌に思わずため息を洩らす。


88.01.07

第5位

レ:− 有:4
ラ:8 ハ:5

6801点


「どんな正月だった?」との質問に「普通」と明菜。この年は実家には帰らなかったようだ。まだお雑煮を食べていないという明菜に黒柳は「うちにいらっしゃい、食べさせてあげる」と誘う。
衣装は黒で裾のひろがったものだが材質が革ということでいつものとは別物。


88.01.28

週間第9位
月間第6位

レ:14 有:5
ラ:12 ハ:5

6568点
(週刊)


88年だけ毎月最終週は「月間ベストテン」を放送することになる。
司会の松下アナの結婚の話題から明菜の恋愛観の話に。
明菜は「恋愛に理想とか憧れという事がない。身近にいる人でないと好きになれない」んだって。
で、衣装だけれど、これはいい。この衣装はいい。ゆるやかな曲線のすきっとしたフォルムの細身の黒いベルベットのドレスに腰までだらりと巻きついた真珠。
黒水仙のよう。さながらアールデコの女王。「難破船」でこういう衣装も着ていたとは驚き。
セットは何故か紙吹雪に白無垢軍団の舞というかなりシュールな絵になっています。


 AL-MAUJ  (8週 / 最高1位 (3週) / 76,593点)


88.02.11

第3位

レ:1 有:−
ラ:− ハ:−

7762点


話題は夜ヒットの芳村真理の勇退と新曲について。
タイトルは色んな意味があるとか。波とか深い愛とか。「難破船とアル・マージどちらが自分に近い?」という質問に「難破船かな」と明菜は答える。
衣装は緑のパターンの方、歌唱を見た黒柳は「きれーーい。サロメかクレオパトラという感じ」と絶賛する。


88.02.18

第1位

レ:1 有:9
ラ:4 ハ:4

9431点


光GENJI「ガラスの十代」の連続1位記録を打ち破っての1位。
「ちきしょー」と声を上げて登場の光GENJI、諸星。
明菜は7人の後ろに隠れるように「申し訳ない気持ちでいっぱいです。すいません」とコメント。
「来週も1位だと思う??」という質問に「光GENJIのファンの方は負けじと頑張ってくると思うので……」と弱気な明菜。
1位プレゼントは旬の苺。が、歌っている間に光GENJIの者どもがほとんど食らい尽くしてしまう。
それに明菜は「それは明菜ちゃんの苺よぅ―――」とアラレちゃん声で泣きを入れる。
衣装はジャケットと同じ金と黒のパターン。セットは真っ白ななにもないところが曲中に早がわりするといういつもの。
幻想的な古代都市(のようなもの)が立ちあがっていく。


88.03.03

第1位

レ:3 有:1
ラ:1 ハ:2

9532点


まず、明恵の次女誕生の話題。
1位プレゼントは「アルマジロのぬいぐるみ」。こういったぬいぐるみは大好きと明菜は喜ぶ。
衣装は2月18日と同じもの。セットはバックに大きな鏡をななめに置いて、花の真ん中に歌っている明菜の背中の部分が見れるようになっている。


88.03.10

第2位

レ:− 有:2
ラ:1 ハ:2

8099点


1位陥落も機嫌がよさそうな明菜。
先週立てた来週の1位予想があたったから、だって。
衣装は、桜色のバージョン。セットは石っぽい材質の巨大なレリーフが、曲途中で蝶の形をした電飾になる。
アルマージのフリはこの映像のが一番好きかも。


88.03.17

第5位

レ:− 有:2
ラ:1 ハ:3

7032点


徳永英明(「風のエオリア」第4位)と一緒に登場。
「ミラーゲート前に明菜と一緒にいたので緊張して歌詞が飛んでしまった」と徳永。
それを「私のせいじゃないですよね、スタジオ久しぶりなんですよね」と明菜。
「一人暮しでこれがあると便利だというものは何?」という質問に、黒い大ぶりの茶碗を出す明菜。
「この大きさならなんにでも使えますよ」だって。
衣装なんだけれども、これもまた珍しいパターン。いつもつけていたターバン風の帽子を取って、上半身につけていた金色のものも取って、背中でひらひらしていた黒いベールを頭にかけて左肩のほうだけ前に流している。
今までのありモノをちょっと着こなし変えただけなのだが、全然印象が違う。着こなし上手の明菜である。


88.03.31

週間第9位
月間第2位

レ:− 有:2
ラ:3 ハ:5

6700点
(週刊)




月間ベストテン延長戦。クイズで正解してから歌唱となる。(クイズの詳細はアイドル708090にあるのでそちらでどうぞ。)
衣装は桜色のパターンだが頭につけていたものは取ってシンプルな印象。
歌唱時の画面は万華鏡風の加工をしたが、これはちょっと眼にうるさい。


 TATTOO  (9週 / 最高1位 (2週) / 98,304点)


88.06.02

第4位

レ:1 有:−
ラ:− ハ:−

7661点


初登場。 過激な衣装に黒柳もびっくり。「ミニスカートは嫌いだけれど曲を聴いて『ミニスカートの歌だな』と思ったので、思いきって」と明菜。
また新曲を「今まで歌った中で一番難しい。すいません、いつも下手なんです」。
さらに歌唱後「荻野目洋子(「スターダスト・ドリーム」第8位)ちゃんの目の前で、私、足なんて出せな――い」。
荻野目の「とっても色っぽくてかっこいいと思いました」のフォローにも明菜は「いやん、もう、ばかばか」っといいたげに手をバタバタさせる。
明菜が自分の足に対するコンプレックスを持っているのは知っているけれど、荻野目洋子ってそんなに足細かったっけ??
衣装はピンクのスパンコールのミニ。


88.06.09

第2位

レ:1 有:−
ラ:7 ハ:5

9029点


登場に光GENJIの諸星は思わず拍手。
黒柳徹子のそっくりさん募集の告知。「黒柳徹子の特徴は?」という質問に明菜は「キレのいい元気なおしゃべりとたまに間違えるところ。人の目を見てちゃんと話を聞いてくれるところ。」と答える。
では「明菜の特徴は?」という質問に黒柳は「細いウエスト。鼻がつんと上に上がっているところ。腰を低くし、謙遜しながら歌へ向かうところ」と褒め返しする。
衣装はブルーのパターンのスパンコールのミニ。
セットは布のドレープが美しいオーソドックスなタイプ。


88.06.16

第1位

レ:2 有:3
ラ:3 ハ:4

9466点


黒柳はニューヨークでの仕事のためお休み。代わりに全国から集められた黒柳のそっくりさんが明菜に花束を渡す。
「声も似ているのですね」と明菜は驚く。
1位プレゼントは明菜が好きな和菓子。「小さい頃からお母ちゃんのお茶に付き合っていたから(好きになった)」とのこと。
衣装はこの曲で一番イメージの強い赤いスパンコールのパターン。
「明菜がはいているストッキングは足が細く見えるストッキングだ」という噂に、そんなことはありません、と松下アナがオフコメで紹介。


88.06.23

第1位

レ:2 有:2
ラ:1 ハ:3

9697点


登場のファンファーレは明菜のバンド「ファンタスティックス」によるもの。
司会は先週と同じく黒柳のそっくりさん。
1位プレゼントは全国各地の銘菓。黒柳からもガーフィールドのぬいぐるみと歌詞に出てくる「ジェリービーンズ」がプレゼントされる。
衣装は黒と銀のボーダーになっているスパンコ―ルのミニ。
TATTOOは「何着衣装用意したんだ」と聞きたくなるほどバリエーションが多い。
セットは往年のミュージックホール風。明菜のダンスもキレがよくこれがベストテンでの「TATTOO」のベストアクトかな。


88.06.30

週間第2位
月間第2位


9498点
(週刊)


今日の衣装は下はエナメル材質の細身の黒のパンツ、上は先週の黒・銀のボーダーのものに黒のエナメルの上っ張りをかけてイメージを変えている。
「元々用意していた衣装だったが、ミニスカートの話題が先行しまったので履きづらかった」衣装なんだって。
ミニスカでないことに思わず残念がる松下アナ、とはいえパンツについている飾りのジッパーを「ちょっと開けてみたくなる」とセクハラ発言。
話題は「中森明菜の月間重大ニュース」
「父の日に風呂で泡の出る機械を買った、父が大喜びして使っている」とか「赤坂の豊川稲荷のみそ田楽を久しぶりに食べたらやっぱりおいしかった」とか 「姉妹で安全地帯のコンサートを見にいった。すばらしかった」などと割とどうでもいい話題ばかり。


88.07.07

第3位

レ:8 有:2
ラ:1 ハ:3

8565点


七夕ということで、去年と同じく短冊に願いをかける。 去年の騒動(87.07.02 参照)に懲りた明菜は「みんなが健康でありますように」と平凡な願いを書く。
「お母ぁちゃんは元気?」と心配する黒柳に「お母ぁちゃんはおいしいもの食べて元気にしてるよね」とカメラに向かって語りかけるように明菜はいう。
衣装は青のスパンコールにエナメルの黒の上っ張り、髪は珍しく下ろして、と、ありモノをバリエーションの変化で魅せている。
この時の明菜もまた色っぽい。余裕の迫力。(詳しくはアイドル「708090」の画像でどうぞ)


88.07.14

第3位

レ:8 有:2
ラ:2 ハ:3

8399点


これは「ザ・ベストテン」での明菜のかくれた名場面のひとつ。
コンサートのリハーサルのところを中継。どこかのホールのロビーのようだ。
明菜は私服にノーメイク、ひっつめ髪、そしてアラレちゃん風の伊達眼鏡をかけている。
その姿のままコンサートスタッフに見守られながら歌唱となる。
後ろに控えたスタッフたちはこの曲でいつも明菜が従えていた「トランペットダンサーズ」に模して―――紙を丸めたものをトランペットに見立てて、明菜と一緒に踊る。
こういうシチュエーションなので歌もフリももちろん雑なのだが、親しいスタッフと一緒に歌う明菜はこの時期にしては珍しいほどリラックスした雰囲気でとても楽しそう。
ちなみに、昨日が誕生日ということで明菜には6月30日で話題となった豊川稲荷のみそ田楽がプレゼントされる。


88.07.21

第7位

レ:− 有:2
ラ:3 ハ:5

8852点


田原俊彦(「抱きしめてTONIGHT」第5位)、南野陽子(「あなたを愛したい」第6位)と一緒に登場。
「女性はどんな時に結婚を意識するか」というアンケート調査を元に、それらの意見にナンノと明菜はどれだけ共感するかをチェックする。
年を感じた時、周りの友人が結婚し出した時、などと色々な意見に二人は共にピンと来ない様子。結果、10項目中ナンノが2つ、明菜は3つにマルをつける。
その結果に田原は「明菜ちゃんはもっとマルをつけると思った」とコメント。
どうも結果を見るに二人とも状況に流される結婚はしたくないようですね。結婚願望が人一倍強く、そのくせいまだ未婚の二人らしい結果に見えました。

で、今回の衣装は赤いエナメル材質のミニ(上半身インナーはレースっぽい)。髪は前と上はまとめて束ねて後ろはそのまま流している。(88年コンサートツアーでの歌唱の格好に一番近い)
セットは白と黒の市松模様の箱のなか、といった感じ。


88.07.28

週間第9位
月間第4位


6368点
(週刊)


今回は物干し台のセットが登場し、「明菜の洗濯物の干し方講座」
常識的なことしか知らないんですけれど、と謙遜しつつも、黒柳徹子バリに息継ぐなしでとうとうと明菜が語る語る。
明菜の家事にたいするあつ―ーい思いがびんびんに伝わる。
松下アナはそれを「ほとんどデパートで説明聞いているよう」
後ろのソファーにいた斉藤由貴(「オラシオン」月間第10位)もあぜんとしていた。
衣装は、これも珍しい。上半身はぴったりした布の生地の赤と黒のトリコロールなのだが、おなかの部分が臍のところまで抉れていて、つまりお腹の両脇が丸見え状態。
今回は歌途中でトランペットダンサーズが何十人にも(30人くらい??)大増殖する。


88.12.29

年間第9位


今回の年間ランキングのゲストは小森和子。明菜の女優としての一面にも期待しているとのことで、十万円近い豪華おせち料理を明菜にプレゼントする。 小森のおばちゃまいわく、明菜は海外の女優でいったらジョディーフォスターのようなんだって。

この曲は今までにない露出度の高いコスチュームだったが、そのために明菜はダイエットをしたとのこと。 いつもよりワンサイズ小さいジーンズを買ってそれが入るように努力したのだそうだ。
今回は「『TATTOO』という楽曲の使命はもう果たした」ということで歌唱披露はない。しかしそのアナウンスに「や。太っちゃって衣装はいらなくなっちゃったんですよ」と本音をポロリ。 この曲は年末のレコード大賞でもノミネートされたのに同じ理由で辞退ということになった。

とはいえ、風邪がひどかったので歌わなくて正解だったのかもな。 途中の余興コーナーなどでもゲボゲホとセキをしているシーンが映ったが、ここはしゃべるのにもものすごいつらそうな声だったし。 ―――しかしこの状態で「太った」って……。明菜の思う自身のベスト体重って一体どこなのよと言いたくなる。


 I missed the "Shock"  (10週 / 最高3位 / 94,983点)


88.11.17

第4位

レ:1 有:−
ラ:− ハ:3

8195点


初登場。
この回は工藤静香(「MUGO・ん…色っぽい」第10位)、浅香唯(「メロディー」第8位)、小泉今日子(「怪盗ルビィ」第7位)、南野陽子(「秋からも、そばにいて」第6位)とともに買い物ゲームをする。(詳しくは「アイドル708090」さんへ)
明菜の買い物は「フランスパン・インスタントラーメン・林檎・食器用洗剤など」と本気で買って帰るつもりの真剣勝負。
他のアイドルは、歯磨き、シャンプーなどイメージを気にした買い物の南野陽子、意味もなくニンジンとかホッカイロを籠に入れている意味不明の浅香唯――私はそんな彼女が結構好きだ、 自らがCF担当しており、「ザ・ベストテン」スポンサーであるロッテの「ガーナミルクチョコレート」を10個買いだめして、見事優勝の小泉今日子―――いかにも小泉らしい、それに比べさりげなく忍ばせた「VIPチョコレート」が逆に小賢しい印象を残してしまった工藤静香、といったところ。
「スーパーでの買い物のコツは?」との質問に「スーパーの生野菜は痛んでいるものもあるので買わないほうがいい」とさりげなくかなりの失言の明菜。また「24時間のスーパーは深夜に行くと仕入れたばかりのパンがある」といかにも宵っ張りの芸能人らしいアドバイス。

また「新曲の聞きどころ、見どころは」という質問に明菜は「聞く人それぞれが探してください」とすげない。ただ、明菜は歌詞が気に入っているようで「どんな女性でも共感できる詩だと思う」と。
衣装は深緑にロココ風の豪華な金の縁どり、スカートは緩やかに広がり、そこには西洋の肖像画のようなものが描かれている。セットはベストテンお得意の鏡のセット。


88.12.01

第3位

レ:4 有:−
ラ:3 ハ:5

8629点


3週目。 テレビ朝日の第6スタジオから。「プレステージ」のセットを白い布で覆ったり、飾ったりしている。
「歌謡びんびんハウス」の収録途中だろうか。明菜は運動会用の赤いジャンパーとパンツ姿である。
歌途中、笑福亭鶴瓶が現れ、かぶりつきで明菜を鑑賞。明菜は笑いながら鶴瓶に視線を向けつつ歌う。
歌終わって鶴瓶は「もう、死んでもええわ」と上機嫌。


88.12.08

第3位

レ:6 有:−
ラ:4 ハ:5

8230点


4週目。大阪・読売テレビの玄関から中継。
「全日本有線放送大賞」を終えての出演。隣には同大賞の司会の浜村淳がいる。
この賞とベストテンとが重なっての出演は4回目だということ。
明菜は「今回はポップスが私だけだったので淋しかった」とコメント。
――そういえばこの頃から賞レースの形骸化がいよいよ激しくなってきましたね。
浜村淳独特の曲紹介あっての歌唱となる。
衣装は場所もあってかちょっと控えめなパターン。上はエメラルドグリーンが鮮やかな縁の縫い取りの複雑なもので下はシンプルな黒のスカート、腰の金鎖が上品なアクセントになっている。


88.12.15

第3位

レ:6 有:6
ラ:3 ハ:5

8431点


トークテーマは「今年のベストテンでの思い出」ということで、豊川稲荷のみそ田楽や洗濯物の干し方の話題などを話す。
今回はシンプルでシックな黒のドレス。手袋の金の房がいいアクセントになっている。髪の毛は下ろしている。 すっきりしたデザインを優雅に着こなすのがこの頃の明菜。
セットもシンプルにオケ前での歌唱。ただ、明菜の影が明菜を中心に放射状に広がるようにライティングしている。


88.12.22

第3位

レ:5 有:5
ラ:4 ハ:5

8565点


クリスマスを意識してか、真っ赤なキルト地の上着に胸に黒いリボンと白のコサージュ、スカートは黒。こんなのも着ていたんだぁ。88年の明菜はどの曲も衣装のパターンが本当に多い。
ランキングは4週連続で3位、定位置の1位に全く上がる気配がないのに当時の私はやきもきしたものだった。
トークは「パーティーでの盛り上げ方」。自分が楽しむのではなく、相手を楽しませるように心がけるのといいと思います、と、アドバイス。
セットは金と黒を基調にしたクリスマスっぽいもの。金色のリボンをつけたプレゼントの箱の山。後ろに降る金の紙吹雪、奥にあるのは白いクリスマスツリーだろうか。


88.12.29

第4位

レ:7 有:6
ラ:3 ハ:4

8298点


「ザ・ベストテン豪華版」
自分が出ていない回の「ザ・ベストテン」も毎回しっかりチェックしているという明菜。 ではそこんとこどうよ?と「年忘れちょっとまったクイズ」
今年のベストテンの様々な映像が流れるなかで「では工藤静香が「MU・GO…ん色っぽい」1位お祝いにもらったプレゼントは」という問題。
とはいえ明菜が考えるひまもなく松下アナヒント連発ですぐ正解。答えはゼリーとのことだが、時間押していたのかな、もっとゆっくりやればいいのに。
また「アルマージ」の回(88.02.18)で1位プレゼントの苺が食べられなかったという話からまた苺がプレゼントされる。
明菜は風邪がひどく歌唱はボロボロ。テンションも低めで、ようやくなんとか歌っているという感じでとてもつらそう。衣装は黒でレースのもの。セットは御影石のような角柱や三角錐が電飾で光るというもの。

ちなみに風邪で体調が悪いのに加えてえげつないマスコミ攻勢に、この年の紅白のリハーサルで明菜はマスコミ相手にキレまくったという。




 LIAR  (8週 / 最高2位 / 72,962点)


89.05.11

第2位

レ:1 有:−
ラ:− ハ:7

8499点


89年1月に男性司会が松下賢次アナから、渡辺正行にバトンタッチ。ここで明菜は「ザ・ベストテン」での渡辺とは初対面となる。
渡辺は「明菜ちゃんがいつ来るのかいつ来るのかと本当にものすごく待っていた」のだそうだ。
「ベストテン評論家の明菜さん、渡辺さんの司会はどうですか」の黒柳の質問に「和やかな雰囲気でいいのでは」と明菜。
「貶すところはないんですか」の黒柳のツッコミに明菜は「最近はタレントさんも普通におしゃべりをしますから」となんとなく含んだようないい方をする。
渡辺は甘い物好きの明菜のためにキャンディーのレイを作って用意しておいたのだが、明菜に渡せず仕舞いに歌にいってしまう。
それを黒柳に突っ込まれるのだが、その時に黒柳は渡辺が丹精こめて作ったレイを思わず切ってしまう。「なんてことを」と驚く渡辺に「そんなに簡単に切れるもの」と徹子逆ギレ。

当時、写真集「CRUISE」の制作のため世界を回っていた明菜、不健康な歌にもかかわらず肌はこんがりと綺麗な小麦色である。
衣装は薄い小豆色のドレス。髪を結んだ大きなリボンが印象的。
セットは最初はスモークのみでなにもないのだが、途中で画面が暗くなり煙がはけるとバックにステンドグラス調の丸窓が浮かび上がる、といったもの。


89.05.18

第2位

レ:2 有:10
ラ:4 ハ:4

9130点


工藤静香(「嵐の素顔」第3位)と共に登場。
「ミントガムを噛みながらコーヒー豆を齧ると香ばしさと甘味と清々しさが絶妙にマッチしておいしい」という静香に実際食べてみる明菜と渡辺。
「おいしい」という明菜に対して微妙な反応の渡辺。うーーん実際どうなんだろ。
明菜の提案した「味噌汁にとろけるチーズを入れる。具はじゃがいも」っつーのはおいしそう。

今回はイントロに自動演奏のピアノがお耽美チックにかぶさる。セットはピアノの鍵盤に模した階段にハープのようなオブジェ。手前の自動演奏のピアノは曲の演奏に合わせて微妙に動いている。
この曲は今までと違い、曲ごとの衣装のコンセプトはあまりなかった様子。この日はレースな感じの白い衣装でした。


89.05.25

第3位

レ:3 有:7
ラ:6 ハ:6

8765点


またまた工藤静香(「嵐の素顔」第2位)と共に登場。
この二人、軽く言葉を交わしながらミラーゲートをくぐる、結構仲良さそう。

「幼い頃、着ている服が気に食わないと外にも出なかった」という無邪気でおしゃまな工藤静香の話に「では明菜ちゃんは」と、話をふると、 「私はそれどころじゃなかったです。服はみんなお下がりでしたから」と、どよーーんとなる中森家の貧乏話に転換。
「小学校入学時にだけ新しい服を買ってもらった。金色のタータンチェックのスカート。一週間くらい履きっぱなしだった」と明菜。
うーーん。頑張れ明菜。何を頑張るのか知らないが。

「新曲で好きなところは?」の質問に明菜は「歌詞の『ただ泣けばいいと思う女と あなたには見られたくないわ』の部分」と回答。
だ、だ、大丈夫か。明菜。
ま、大丈夫じゃないから、数ヶ月後あんなことになるわけだが。
衣装は黒のシンプルなドレス。セットはシュールな室内風で、テレビや椅子があらぬ場所に置いてある。
歌、一瞬だけ歌えなくなる部分がある。何かが起こりつつある予感を感じずにはいられない。


89.06.01

第5位

レ:5 有:6
ラ:4 ハ:4

8665点


登場時、明菜は結婚を決めた五木ひろしに花束を渡す。
「好きな映画は?」の質問に明菜は「ローマの休日」と回答。

歌唱時のオフコメによると「やっととれた休みも近頃はいつも雨に祟られる」んだって。
うーーーむ。なんだろ。明菜、こころが沈んでいます。
肩出しの白いエナメルのドレス。セットは海を臨む白い別荘をイメージした感じ、午後から夕暮れまでを見事に表現している。
「LIAR」はセットがどれも結構いい感じです。
さらに歌唱後、明菜の衣装の背中の透明のエナメルを見た五木は「あ、サランラップ」。それに「これ痩せますよ」と冗談で返す明菜に「あなたこれ以上お痩せになっちゃ、ダメ」と本気で心配そうに言う黒柳。
ま、確かにそろそろ心配したくなるほどのスレンダーぶりになってきましたね……。


89.06.08

第3位

レ:4 有:5
ラ:5 ハ:4

8799点


小泉今日子(「Fade Out」第9位)と共に二人の仲の話。
二人が仲良くなったきっかけの「小泉今日子、卵ぶつけられ事件」の話をする。(―――これは中森明夫著「瞳に星な女たち」などで有名。)
「仲良くさせていただいています。もし私がデビューしていなかったらきっと今日子ちゃんの大ファンになって、ファンクラブにも入っていただろうな」と明菜。
それを「馬鹿」といわんばかりにこづいた小泉は「(明菜ちゃんは)ほんっとうにやさしい人。お姉さんって感じ。あんなやさしい人はそういないと思います。いつも普通の女の子と同じくだらない話をしています」とコメント。

衣装は小豆色のドレス。オフコメで「一度他の歌手のみなさんのようにコンサートの会場から歌いたい」と。
あれっ、明菜ってこれだけ「ザ・ベストテン」に出ているのにコンサート会場からの中継って全くないの??


89.06.22

第8位

レ:− 有:7
ラ:6 ハ:4

6366点


仕事の時は「晴れ女」だが、プライベートでは「雨女」ということで雨の日のオフの過ごし方の話。 ま、食事作って、テレビ見て、掃除洗濯しています、という明菜のいつもの例のアレですね。
流れで当時の明菜の飼っていたヨークシャテリアの「ケンタ」の躾がなっていない、という話に。
いうことを聞かない、トイレットトレーニングができていない、などという、これもまぁ、ペット話でよくあるアレですわ。
今日の明菜はこの後はケンタと一緒にコンビニに寄って帰宅するんだとか。

で、歌唱だが、衣装は白い肩出しのパターンのもの。で、セットだが、これが本当にいい、美麗。古代文明の遺構のような円柱が無雑作に転がっている、その真ん中の透明な台座にいる明菜。
セットは斜めになっていて、更に鏡がななめに立てかけられている。つまりくの字になっていて下半分が床で上半分が鏡という作り。
で、歌途中から、床の部分に水が流される。と、鏡にはそれが反射して水が下から上へあがっているように見える、という。
「ザ・ベストテン」の大道具担当は鏡使いのプロフェッショナルですな。
「LIAR」ではこれが断然ベスト。




この出演から約3週間後、明菜は自殺未遂事件を起こす。また、「ザ・ベストテン」もこの年の9月に放送終了する。
歌謡界のひとつの時代がここで静かに終焉を迎えるのであった。


思い出はいつも美しい、ということで中森明菜とひとつの時代を彩った歌番組の物語もここで終わりとしたい。


2004.04.25
改訂 2005.01.23


中森明菜を追いかけて……のインデックスに戻る