×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

メイン・インデックスまこりんのつれづれなる日々>まこりんのつれづれなる日々  2011年1〜6月



まこりんのつれづれなる日々



2010年7〜12月>   2011年1〜6月   >2011年7〜12月


2011.05.14

 業務連絡。
 通販サイト、歌謡砦書店。5/1のサーバーメンテナンス後、大幅に仕様が変更されていたようで、結果、本日まで、注文が出来ない状態になっていました。
 本日すべて修正しまして、再び注文できるようにしました。もしその間注文しようとして「あれ?」と思われた方いましたら、今でしたら大丈夫ですので、ひとつ。
 もうっ、今後HTMLとかCSS使えなくなるっつうなら、事前に言っといてくれっつーの、ですよね。

【歌謡砦書店】http://www.chalema.com/book/wagamamakorin/



2011.04.27

 生きてます生きてます生きてます。皆さんは地震、大丈夫でしたか。
 ここ二ヶ月は、地震の騒動やらそれに連動して体調崩すやらで、社会生活維持でせいいっぱいのまこでした。
 やっとなんか書ける位に元気になってきたよぅ。
 ひとまず、業務連絡。

1. 同人誌の通販サイト、4/29〜5/1 サーバーメンテナンスに入るそうで、その間使えないです。
2. イベント参加します。5/5 コミティア(東京ビックサイト・東ホール) 「なかとも会」K-09b 新刊は特にないです。

 後なんかあったような気がするけど、おいおい。



2011.02.14

「斉藤由貴 25th Anniversary Concert 何もかも変わるとしても」つつがなく終了、ということで、私の観覧した、二日目 ゲスト・谷山浩子の回のライブレポート、本サイトにアップしました。ひっさしぶり本サイトのテキストですので、よかったらご覧になってやってくださいっと。ではでは。



2011.02.05

●「斉藤由貴 自らを探す旅」まんだらけ・中野店にも搬入しました。

 もう店頭には並んでるんじゃないかな? 四階記憶コーナーです。一番多く搬入受けてくださったので、多分こちらが一番確実かと。ネット通販も開始されると思いますが、どうやらまだ構築中といった様子。こちらも仕上がったら、また連絡します。
まんだらけネット通販はこちら↓

http://ekizo.mandarake.co.jp/shop/ja/item-525950.html

 あ、ちなみに。「中森明菜 歌姫の軌跡 1」の再版分はまんだらけに搬入されません。(――こちらは結構ですと言われてしまった……)なので、こちらは自家通販かタコシェ・模索舎さんでどうぞ。

 前のエントリで誘い受したから、なんだろうけれども、新刊の感想なんかも、ありがとうございます。じゃあ、返事を書くかというと滅多なことではまず書かない私なのですが。そういうの、苦手なんだよぉぉぉ(――まめにレス切る同人作家とか、マジリスペクト)。よくわからない人に対して、相手が受け止められる範囲内に言葉のボールを投げるのって、わたしは凄く精神使うし、苦手。とはいえ、ありがたく拝見してますので、こんなわたしでよろしかったら。
 あとちょっとしばらくの間、サイト全般の動きが鈍くなるかと思いますが、そこんところ、ひとつ。二、三ヶ月くらいかな?
 もちろんその間も、通販は随時動いてます。全ての通販メールには一両日中に対応してまっす。



2011.01.31

 うう。眠い。忙しい。通販作業、めんどい。
 つか、明菜本パート1再版したのに、全然はけねぇじゃねぇか。投票数の半分の出ないってなんだよっ、完全に赤字じゃないかっ。
 くっ。同人は自己責任とはこういうことかっ。数絞る同人作家の気持ちがいまならよくわかるっ。この動かない在庫。仏心だして再版するんじゃなかったなー。まさしく再版貧乏。
 まあ、いいけど。でもホント、どうしよ、この在庫。以前も別ジャンルで在庫どっちゃり余らせて、今でも押入れに眠っているって言うのに、つくづく学習しないな、自分。
 てか、新刊の由貴ちゃん本もほっとんど感想こないし、プロデュースした栗本薫レビュー本も、投票数分全然売れてないし、ってつまり自分ヤキがまわったこと? これ。むー。
 って、みっともない愚痴書いてる間に志方あきこの「祈りの彼方」と「謳う丘」amaからとどいたっ。くーっ、この中二臭さ、たまらんっっ。謎言語とか、無駄設定とか、いいよいいよ。「烈獅皇記〜雷哭の天子〜」とか、「天の祷り、地の贖い」とかタイトルからしてアレげな感じ。全力で恥ずかしいところがむしろ快感っ。こういう贋ファンタジーサウンド、大好きじゃ。
 書上奈朋子に中二臭をふんだんに振りかけると志方あきこって感じ? クラシックとか民族音楽をDTM駆使してミクスチャーしてポップに再構築っていう、やってることはわりとふたりとも近いのに、なんかこう、志方さんはいい意味で中二的なパチモノ臭がする仕上がりになるっていうか――誉めてるんですよ、これ、そこがむずがゆく慕わしいっ。なんだろ、私的なポジションではマリスミゼルを楽しむ感じにちょっと似てるかも。どっちも好き好き。
 志方さん、レコーディングお金かけられるようになったからなのか。なんかどんどん自分の好きなサウンドの方向になってるな。多重ボーカルでサウンドもゴスチックにごってごってしてて。同人の頃の素朴な作りも悪くなかったけどね。
 って、素敵曲聞けば、すぐに機嫌は直りますよ、ええ。今日はこれから「HEY3」も見なくっちゃねっと。しっかし、アンケート、あてにならねーな。お客様は気まぐれ乙女ってことですか。



2011.01.26

 三作、同人誌の委託販売開始をアナウンスします。

●「斉藤由貴 自らを探す旅」「中森明菜 歌姫の軌跡 1」

 タコシェ(中野)・模索舎(新宿)へ搬入しました。おそらく本日より店舗での販売を開始(or 再開)しているかと思われます。

● 「栗本薫 全作レビュー【1】ミステリー・現代小説編 ぼくらの伊集院大介の挽歌への階段」

 まんだらけ中野店・タコシェへ搬入しました。こちらも本日より販売しているかと。まんだらけでは通販も扱っております。

それぞれの店舗のサイトは以下

■ タコシェ http://tacoche.com/
■ 模索舎 http://www.mosakusha.com/voice_of_the_staff/
■ まんだらけ中野店 http://www.mandarake.co.jp/shop/index_nkn.html
■ まんだらけ「ぼくらの伊集院大介〜」通販 http://ekizo.mandarake.co.jp/shop/ja/item_s-553553.html



2011.01.21

 「中森明菜 歌姫の軌跡 歌謡曲最後の時代 1982〜1989」(再再版)「斉藤由貴 自らを探す旅 1985〜2010」(新刊) それぞれ、通販発送開始しました。
 本日午前中に振込確認できたものは、本日発送しております。
 通販サイトの情報も更新しました。Yahooオークションへの出品も開始しております(それぞれタイトルで検索をかけてください)。

■ 歌謡砦書店 http://www.chalema.com/book/wagamamakorin/

 ――っというわけで、これらの作業に今の今までのたうちまわったあっ。
 ちなみに委託先に関しては、まだ未定でっす。これから作品お見せして、お店においていただけるか、という。この辺も決まったらおいおい連絡します。



2011.01.16

 「中森明菜 歌姫の軌跡2」自宅分の在庫、なくなりました。
 とはいえこちらも、今すぐってのはないと思いますけど、希望者がある程度見込めるようだったら、GWか、夏コミ前くらいには再版かけたらなぁと思ってますので、直接メールであるとか、通販申し込みする時の備考欄などに「パート2 再版時・連絡希望」と書いていただけたら、その時メールで連絡いたしますので、ひとつ。



2011.01.11

 先月から色々とアナウンスのあった同人誌新刊「斉藤由貴 自らを探す旅 1985〜2010」と「中森明菜 歌姫の軌跡 歌謡曲最後の時代 1982〜1989《再版》」
 発行の見込みが立ちましたので、予約受付開始します。毎度お馴染み通販サイトで詳細は確認してください(ちなみに通販サイトの斉藤由貴本の表紙の画像は以前のコピー本のものです、現物出来上がったら差し換えまっす)。

■ 歌謡砦書店 http://www.chalema.com/book/wagamamakorin/

 それぞれ1/28には発送できると思います(――が、例のごとく印刷屋さんの仕事っぷりで早くなる可能性も多分にありますので、そこはひとつ)。※ 1/21 頒布開始しました。
 他、わからない点などありましたら、連絡ください。
 今回の斉藤さん本も明菜様本も、おもいっっきり魂込めて作ったので、是非是非是非是非、読んでやってください。
 負けたくないし負けてないっっ。そんな思いだけで作ってます。
 斉藤さんも明菜様もよく知らんわぁ、という人でも「なんかもう、コレ書いてる人、色々と必死で可哀想だわ」と思えること確実な一冊かと。
 んでは。



2011.01.01

 あけましておめでとうございます、アンド、冬コミお疲れ様でした。まこです。
 冬コミはフツーに買出しやら他サークルさんへの挨拶やらであんまり自スペースにいなかったですが――来て下さったのに会えなかった方、ごめんなさいです――まあ、私的には楽しかったのでオッケー。意外な人とかはじめての人とあえたり、萌え話も出来たりしたし。
 去年はサイトもそうだし、私生活をふりかえってもわりと停滞した一年だったので、今年は色々と頑張りたいなーと。
 ひとまず斉藤由貴本の完全版、完成させなくっちゃ。あと明菜本の再版作業も、ぼちぼちやんないとなー。
 ま、そんなこんなな元旦でっす。



メイン・インデックスに戻る