×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


メイン・インデックス歌謡曲の砦>さくさくレビュー 池田聡


さくさくレビュー 池田聡


80年代からこっち「男性版ユーミンの系譜」ってのが確実にあるとおもうのですよ。 音楽的にはAOR、ブラックミュージック、フュージュンを引きずっていて、詞はきらびやかで都会的でなよっとした気弱な恋愛事情みたいなノリで、っやつ。 具体的にいうと―――。角松敏生、崎谷健次郎、中西圭三、久保田利伸、稲垣潤一、杉山清貴やカルロス・トシキなどのトライアングルプロの男性歌手陣、池田聡、KAN、槙原敬之、平井堅。 ズバリ、このラインの歌手ですよ。

で、「男性版ユーミン」はさらにその容姿やパブリックイメージから「派手系」と「地味系」に分かれるとおもうのですが、 そんな「男・ユーミン」地味系の最右翼なのが、池田聡なんじゃないかなぁ。と私は思うのですよ。
芸能人的華やかさはまったくなく、かなり淡白な容姿で、人柄も朴訥で洗練されていず、そのかわりに歌がべらぼうに上手い。 「地味系男・ユーミン」という全てが揃っているな、と。ってこれもなんだか失礼ないい方だな。

この人のいいなぁと思うところって、一応自分になりに作詞とか作曲できるのに、自分の世界に満足しないで、どんどん才能ある人のところに頼んでいろんなコラボレーションを実現していってるところにあると思う。 ほら、デビュー数年は色々外注しているのを、予算がつかないのか自己満足に走るのか印税がほしいのかよくわからないけれども、いつのまにか全部自分でやりだしちゃう――――本人的にはこれでいいのだろうけれども、ファンとしては昔の頃のポップ感度高いほうのがいいよなぁ……なんて、そういう歌手って多いじゃない。正味の話。 それが彼の場合ないんだよね。 デビューから、ずうっと一貫して、ホントに様々な人と歌を作っている。中西圭三や伊勢正三などの身内、友達、知り合い、先輩・後輩とアットホームに作る時もあれば、秋元康などの職人と一緒にガチガチのプロデュースワークで作るときもある。
作家陣にしても、ホントバラエティー豊か。先ほどの挙げた人の他にも―――佐藤健、タケカワユキヒデ、中崎英也、玉置浩二、南佳孝、筒美京平、林哲司、辻畑鉄也、来生たかお、柴矢俊彦、羽田一郎、柿崎洋一郎、久石譲、伊秩弘将、水島康宏、田島貴男、小西康陽……。 もう綺羅、星のごとくといっていいほどの人材。 しかもそれはただ集められた、というだけでなく池田聡自身が、「池田聡という歌手をどう料理するか」という視点に自ら立って率先して招聘して共同作業しているようにそれは見える。 彼はポップス系の男性歌手では屈指の歌唱力と美声の持ち主だが、その能力がどうやったらより輝くか、成長するか。彼はそれを極めて客観的に見ているんじゃないかなぁ。
だからこそ、ナルシスすれすれの女々しい歌を歌っても、情に溺れる一歩手前のギリギリでとどまっていられるんじゃないかなぁ(――それが出来ないとマッキーの世界になっちゃうわけで) と、わたしは睨んでいる。

――彼は聞き手を酔わせるために自ら情動の水際すれすれまで迫って聞き手を誘いはするが、彼は決して水の中にははいらない。聞き手が次々と酔い溺れても、決して水の中にはいらない。逆にマッキーは自ら率先して水の中にジャブジャブ入っちゃう。ひとしきり溺れてから後ろを振りかえって、なんだそんなところにいるの、一緒に溺れようよ、リスナーに語りかける。 そんなところから、池田聡って歌手はニュートラルな位置に自分を置いている歌手なんじゃないかなぁ、とわたしは思っている。 自分の歌手としての魅力をわかっているというか、自分の立ち位置を理解しているというか。俯瞰で自分を見ているというか。

自身のサイトで自分の作品レビューを彼はしたりなんかしているんだけれども、それも実に的確で、聞き手からみて、こうだったんじゃないかなこう思うけれども、ていうところと彼の視線のズレが少ないのね(――だからこんなレビューは不要だったりもする。彼のサイトのアドレス、コピペすりゃそれでいいじゃんという)。 自分の思い入れであるとか、個人的な事情というものをある程度排除して自身の作品を振りかえる。これって出来そうでいてなかなかできないことだと思うんだよね。



cover ◆ Missing  (86.12.05/第7位/25.4万枚)
1.デクレッシェンド 2.倉庫BARにて 3.色あせたBlue 4.なにも云わないで〜NO APOLOGY〜 5.哀愛君 6.My Jenny 7.DIANA(ディアーナ) 8.モノクローム・ヴィーナス 9.Moon Shadow 10.tears
小林麻美のスズキ・アルトのCFソングとして大ヒットしたデビューシングル「モノクローム・ヴィーナス」を含むファースト。デビュー盤にして中堅どころのような既にできあがった世界。
ちなみにジャケット写真は事務所の先輩、小林麻美によるもの。戦略なのだろうが、デビューから数年は小林麻美の影が彼の作品には漂っている。というか小林麻美のような年上の洗練された女性に翻弄されている気弱な青年というのが彼の役どころである。このイメージは以後ずっと一貫して引きずっていく。
作家は佐藤健、大活躍という感じ。全体的にユーロっぽいテイストが漂っていて、そのへんの時代性を考慮に入れて聞くのもまたいとおかし。吉田美奈子作品の「Diana」だけが他の作品群をさしおいて妙なエナジーを発している。8点。


cover ◆ Joy and Pain  (87.05.21/第3位/13.1万枚)
1.螺旋パズル 2.サイレント・ステップ 3.雨のフォーチュン 4.Kの手帖 5.Night 6.レクイエム 7.Unforgettable 8.微風 9.Moon Shadow(jazz version) 10.濡れた髪のLonely 11.オルフェの後身 12.センチメートルの涙 13.Zone
初期の傑作。松本一起、川村真澄、佐藤健、中崎英也、タケカワユキヒデ、清水信之、このあたりは初期・池田聡を語るには書かせない人材だけれども、その総結集といっていいんじゃないかな。
個人的にも1番好きな作品。全13曲で捨て曲まったくなし。ヨーロピアンなテイストをうっすらと散りばめて、好盤。
「雨のフォーチュン」はタケカワユキヒデのなかでも屈指の作品。ひら歌部分の緊張感ただようメロディーラインがサビ前のブリッジで一気に高揚して、爆発する。涙をこらえていたのが、一気に心が弾け涙がこぼれるような印象。川村真澄の詞も冴えてるなぁ。
さらに「NIGHT」で大橋純子とのハーモニーで酔っぱらったら、次は吉田美奈子の圧倒的なバックコーラスの「レクイエム」。や、その次の「Unforgettable」のEVEのコーラスだってカッコいいぞ。
他、ホーンセクションがカコイイ「サイレント・ステップ」、地中海テイストな80年代式「想い出ぼろぼろ」な「濡れた髪のLonely」、ラストを飾る「Zone」は松本一起の詞で、中森明菜の「ジプシー・クイーン」や「椿姫ジュリアーナ」などでおなじみの都市の書き割りをべりっと剥がすと、その向こうに広大な砂漠が広がっているような、という路線で手堅い。
サンバの群衆から半身だけずらして醒めている「オルフェの後身」も、リリカルな「センチメートルの涙」もいいんだよぁ。文句なく、10点。


cover ◆ Je Reviens  Avec "La Rose Noire" (87.11.29/第20位/3.8万枚)
1.Je Reviens(overture) 2.Sylvia 3.Blue Monday 4.Je Reviens(intruder) 5.Princess Pride 6.Sweet Eden 7.Je Reviens(theme) 8.Break Down 9.倉庫BARにて 10.j・e・a・l・o・u・s・y 11.A Song For You 12.La Rose Noire
クリスマス向けのコンセプトミニアルバム。『Je Reviens』という架空のバーを舞台にそこを訪れるものの人間模様を描いている。コンセプトアルバムとはいえ、歌の路線は『Joy and Pain』『Missing』を完全に継いでいる。
アーバン版寅さんといった趣のフラレ男っぷりを感じる「Sylvia」、目指すはマイホームパパな日常こそがエデンだと歌う「Sweet Eden」がいい。ちなみにCD・カセット版はアルバム未収録の楽曲がどっさりとライブレコーディングでプラスアルファとして後半に並んでいる。ラストを飾る「La Rose Noire」は小林麻美の詞。雰囲気重視の色気むんむん。7点。


cover ◆ Silk  (88.09.21/第5位/6.4万枚)
1.東京タワーを消せるなら 2.幻とダンス 3.アドレスのない手紙 4.Desperate 5.さよならよりもつらい別れ 6.28℃〜素顔のままで〜 7.月の舟 8.Stony Rain 9.風の風景 10.Dear Friend
「東京タワーを消せるなら」はやっぱりこれはユーミンの「手のひらの東京タワー」への返歌ととるのが正解でしょう。この詞をポストユーミン的な女性作詞家でなく、伊勢正三が書いているというのが興味深い。
シノワズリなメロデイーラインの「月の舟」は彼の代表曲のひとつ。綺麗な歌だよなぁ。名曲と推すファンも多い。それにしてもこのアルバム、いつもにまして全体的に女々しい歌が目立つよなぁ。「さよならよりもつらい別れ」とか「アドレスのない手紙」あたりになると、もうタイトルだけでお腹いっぱいだし。 「Dear Friend」なんて池田聡だからこそ成立している歌なんじゃなかろうか。他の男性歌手が歌ったらホモ臭くって聞けたものじゃないぞ。
「吉田美奈子モノ(=「Stony rain」)」「ラテンモノ(=「desperado」)」「ユーロ系ダンスポップスモノ(=「幻とダンス」)」など、初期のアルバムの作りが守られるのはここまで。8点。


cover ◆ Why do you weep?  (88.12.16/第37位/1.6万枚)
1.悲しい瞳 2.僕が、さよならを聞いた夜(月の舟 another version) 3.First of September − 空色のバス - 4.Night 5.沈黙 - ダンス・ウィズ・ミー・トゥナイト - 6.濡れた髪のLonely 7.色あせたBlue 8.j・e・a・l・o・u・s・y 9.雨のフォーチュン 10.倉庫BARにて 11.レクイエム 12.Moon Shadow
アルバム未収録作品や新曲を集めたバラードコンピレーション。OL泣かせなバラードが必殺技な彼にあって、これは初心者にちょうどいい作品集。「Moon shadow」「雨のフォーチュン」「濡れた髪のLonely」など、選曲もよくわかってらっしゃいます。8点。


cover ◆ Swimmer  (89.06.21/第20位/2.7万枚)
1.冒険者たち 2.恋・後編 3.SWIMMER 4.もっと悲しいサヨナラ 5.夏の翳り 6.SPIN LOVE 7.きみが愛した少年 8.悲しみの感触 9.加速された景色 10.SWIMMER (Reprise) 11.time after time
「都市的な洗練された夏」を徹底追求したアルバム。ってこういうことをやるとオメガや杉山清貴などとかぶることこの上ない。このアルバムから、安定した今までの路線から、一歩向こうに飛び出ようとしているように見える。 ひとまず他の歌手でもわりと成功しやすい路線に出たこのアルバムは成功といっていいんじゃないかな。人気の少ないシティホテルのプールでゆったりと水を掻いているような気分になる。
今回は珍しくラスト「time after time」を除く10曲が彼の作曲。アレンジャーは西平彰、大村憲司、清水信之。
「冒険者たち」。いわゆるドライビングポップスだが、運転手が女性で男は助手席という構図。女の「次のコーナーで曲がりきれなくて死んでもいい」なんて過激な言葉に「それもいいかも」なんて話に乗っかっちゃう。いくら女性上位時代とはいえ、今でもなかなかお目にかかれない。おメメで情けない男を歌わせたら池田聡ほどはまる歌手もいまい。 他、「もっと悲しいサヨナラ」、「きみが愛した少年」など女々しい歌はどれも相変わらずいい。7点。


cover ◆ 君を忘れない  (90.08.21/第19位/3.3万枚)
1.FOR YOU AND I 2.Long Summer Night 3.fuzzyな天使 4.僕は君じゃない 5.10月のひまわり 6.僕たちの約束 7.砂の睡り 8.Snow Waltz 9.My memories 10.prayer 11.君を忘れない
過渡期の1枚。
初期の世界から飛び出て違う何かを表現しようと思ったのだろうが、まだ試行錯誤の段階というところ。ちょっと全体的に散漫かなぁ、と思ってしまう。が。アルバムタイトルとなった名曲「君を忘れない」をラストにおいて見事にアルバム全体をクロージングしている。
作家は伊秩弘将、水島康宏、有賀啓雄、佐橋佳幸など、当時の新人・若手を起用。
それにしてもジャケット写真のちびっこが反則的にかわうい。6点。


cover ◆ Wish  (91.09.21/第49位/3.5万枚)
1.誤解するなよ 2.愛にもかたちを 3.マリッジ 4.また雨が降る 5.くちびるの赤 6.Windy Blue 7.You・・・ 8.Long Distance Love 9.燃えつきるまで 10.ポストカードと水曜日

まだ樹海からは抜け出しきれていないが、なんとか出口は見えてきたよう。デビュー時から培っていた世界と新しくやろうとして上手く行かなかった部分とをある程度の形にまとめているように見える。
今回も筒美京平をはじめ、林哲司、辻畑鉄也、来生たかお、柴矢俊彦、羽田一郎、柿崎洋一郎など、と彼にしては今までなかった作家陣に発注。 「マリッジ」は池田版「シンデレラ・エキスプレス」。まさしく男・ユーミンの彼の世界。「誤解するなよ」はいとうせいこう作詞で彼はラップも披露。他、「また雨が降る」「くちびるの赤」「Long Distance Love」(――典型的来生節 !)など佳曲多し。全体的にブラック色が以前よりも強くなったかな。7点。


cover ◆ Dear Friend  (91.11.21/第46位/1.2万枚)
1.Holy Night Tears 2.Octobers Feign 3.何も云わないで - No APOLOGY - 4.月の舟 5.モノクローム・ヴィーナス(12inch version) 6.濡れた髪のLonely(acoustic new version) 7.Before 8.君を忘れない 9.Kの手帖(池田 聡 VS Girl,Girl,Girl) 10.東京タワーを消せるなら 1.倉庫BARにて 12.Swimmer 13.砂丘 -ハイヌーン・ロマンス - 14.Sweet Eden('91 version) 15.Dear Friend
クリスマス商戦狙いのベストアルバム。本人監修で、新曲、アルバム未収録楽曲や別アレンジバージョンなども多く含まれるし、選曲大方のラインで間違いはないのでこれはひとまず押えとくべき。初心者向けにぴったりだと思う。 「Before」はひそかに私のカラオケ定番、サビの高音のロングトーンが歌っていて気持ちいいんだよなぁ――ってそんなこと聞いてないって!? 8点。


cover ◆ 至上の愛  (92.10.21/第51位/1.0万枚)
1.へヴン 2.79(13 years after mix) 3.joy 4.ブルース 5.ウィークエンド・シャッフル 6.シエスタ 7.堕ちる 8.十一月 9.いつか 10.Fade away
樹海からの脱出。ピチカートファイブの小西康陽の全面プロデュースに乗っかったこのアルバムは成功といっていいんじゃないかなぁ。
今までの世界を壊しきっていて、それでいてポップで痛快。ま、ピチカートのアルバムなんじゃないかこれは、といわれれば確かにそうなんだけれどもね。まままま、それはそれ。よいではないかよいではないか。 「あぁ〜堕ちいいくぅ〜、うんめいぃ〜」ってことで。あ、ちなみに玉置浩二がさりげにメロウないい曲書いております。8点。


cover ◆ THE ALBUM  (93.10.21/第53位/1.2万枚)
1.満月 2.渋滞 3.まだ抱きはしない 4.愛さずにいられない 5.Femme Fatal 6.Jealous Guy 7.悲しみにキリがない 8.冬京 9.偶然の幸せ 10.君を抱けば
90年代の代表作でしょう。ズバリ。傑作。
「満月」はcobaのイタリアンなオーケストレーションに森雪之丞の耽美的な詞が美しい名曲。南佳孝作曲の「愛さずにいられない」、隠れたゴールデンコンビ、大津あきら―鈴木キサブロー組の「君を抱けば」もいいし、 玉置浩二作曲の「Femme Fatale」も捨てがたいよなぁ。いつも苦言ばかり勝手にいっている秋元センセにしても「悲しみにキリがない」に関しては結構いいと私はおもう―――って池田さん本人は自身が作った「流星」という詞のほうが気に入っているようですが。それにしても伊勢正三のフォーク「冬京」をブラックに染めちゃうセンスには完敗で乾杯。ジャケットもカッコイイです。9点。


cover ◆ With Strings  (94.01.21/チャートインせず)
1.Femme Fatal 2.なにも云わないで -No Apology- 3.ヘヴン 4.オルフェの後身 5.月の舟
このアルバム大好き。
弦楽メインのアレンジによるセルフカバー作品。といってこれがまったく退屈に感じない。全5曲それぞれを弦を得意とするがまったくタイプの違うアレンジャーに発注したというのが功を奏している。楽曲を果断に再構築。
弦楽四重奏がエキセントリックな「HEAVEN」(中西俊博・編曲)、ロマンチックな「Femme Fatale」(清水靖晃・編曲)、和製フレンチな「オルフェの後身」(橋本一子・編曲)もいいけれども、特にマンドリンと胡弓の音色が美しい「月の舟」(Coba・編曲)とパーカス類がアフリカンチックで印象的な「なにも言わないで」(溝口肇・編曲)は絶品。 原アレンジを完全に凌いでいると思う。彼にあって異色の名盤。9点。


cover ◆ Re-born  (94.09.26/第27位/2.8万枚)
1.恋人と別れる50の方法 2.こわれゆく男 3.あの日の駅 4.Re-born 5.あなたを愛せるなら 6.COUPLES -カップルズ- 7.エスカレーター 8.ありふれた愛について 9.しあわせになりたい 10.思い出さない夜はないだろう
事務所(田辺エージェンシー→ケイダッシュ)とレコード会社(テイチク→日本コロムビア)を移籍してのアルバム。秋元康との共同プロデュース作品。前3作での成果がこのアルバムで一気にふりだしに戻ってしまったような印象がある。 タイトルといい、周囲の事情といい「新生・池田聡」という印象つけのアルバムなのだろうが……。
この時期、中西圭三や伊秩弘将らとの期間限定ユニット「Ice Box」(これはメンバー達の意志以前に事務所の意向で無理やり作られたユニットだったそうで)のヒット、さらに本人出演のドラマ主題歌「思い出さない夜はないだろう」の久しぶりのヒットというのはあったが、それだけという気がしないまでもない。 90年代前半の典型的J-POPアルバム。中庸にもほどがあると。
それにしても、本人曰く「秋元康さんからあがってくる詞があまりにも拙かったので自分が手直しして、結果詞はほとんど共作になった」って。秋元センセもっとがんばれ。超がんばれ。6点。


cover ◆ Sturday AM 11:30  (95.10.21/チャートインせず)
1.悪女 2.誰も恋を止められない 3.ハーブな女 4.突然の風 5.名画座の街 6.運命 7.長距離電話 8.醜聞 9.遠雷 10.わらべうた 11.幸福(11:30a.m.mix)
前作「Re-born」で遅れをとった分をこのアルバムで回復しているかな。「THE ALBUM」再び、という作品に私には見える。バラエティー豊かな佳曲がならんでいる。
生音重視のバンドサウンドなのが、彼にしては珍しいかな。こういうアナログな音作りも彼には似合うのです。ジャケット写真のよみうりランドで撮ったであろうスナップもこのアルバムをよく表していると思う。 アルバムイメージとしては「ミュージシャンの休日」そんな感じ。1番彼の実像に近いアルバムなんじゃないかなぁ。 作家は川村真澄、中崎英也といった旧知の者もいれば、阿木燿子、久石譲といった意外な人材も。8点。


cover ◆ Hello  (97.03.21/チャートインせず)
1.Hello 2.汚れた世界 3.彼女と夏と学術書 4.Rain Town 5.Night Birds 6.どーせ彼女は誰かのものさ 7.風に吹かれて 8.THE END 9.again 10.春夏秋冬
「もうやめました うたをうたうこと 明日の朝目覚めること」(「THE END」)って。だ、だ、大丈夫か、池田聡。作品のクオリティーうんぬんの前に思わず心配になってしまう。お酒と花束片手にお見舞いしたくなる。
「今年の夏は異常気象で 真夏に雪が降ります 夢中で君に会いに行きます だけど皆が笑います そして君も誰かとまたやっぱり笑う」(「汚れた世界」)の部分など往年の中島みゆきバリの被害妄想っぷりで唖然としてしまう。
他「どーせ彼女は誰かのものさ」「風の吹かれて」「Hello」とちょっと理解の上を行く生々しいフラレ歌、孤独な歌の世界。「again」や「春夏秋冬」でなんとか自分を立てなおそうとしているしているところがなお痛々しい。 このアルバムからしばらく彼は新譜のリリースがなかったことを考えるに、これは私小説だったのかなと思える。
アーティストとしてのバランス感覚を失っている状態で、採点不可能としたいが、ファンなら7点とつけたい。
それにしても「まるで世界が泣いているように 花弁は散る」(「風の吹かれて」)って表現はなんか好きだな。



2005.04.04
アーティスト別マラソンレビューのインデックスに戻る